• HOME
  • 「日本版スチュワードシップ・コード」の受け入れに関して

「日本版スチュワードシップ・コード」の受け入れに関して

当社は「責任ある機関投資家」の諸原則(日本版スチュワードシップ・コード)の趣旨に賛同し、これを受け入れることを表明します。本コードの目的は、機関投資家が企業の持続的な成長を促す観点から投資先企業との建設的な対話を行い、顧客・受益者の中長期的な投資収益の拡大につなげることだと考えております。

「責任ある機関投資家」の諸原則(日本版スチュワードシップ・コード)

1.機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たすための明確な方針を策定し、これを公表すべきである。
2.機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たす上で管理すべき利益相反について、明確な方針を策定し、これを公表すべきである。
3.機関投資家は、投資先企業の持続的成長に向けてスチュワードシップ責任を適切に果たすため、当該企業の状況を的確に把握すべきである。
4.機関投資家は、投資先企業との建設的な「目的を持った対話」を通じて、投資先企業と認識の共有を図るとともに、問題の改善に努めるべきである。
5.機関投資家は、議決権の行使と行使結果の公表について明確な方針を持つとともに、議決権行使の方針については、単に形式的な判断基準にとどまるのではなく、投資先企業の持続的成長に資するものとなるよう工夫すべきである。
6.機関投資家は、議決権の行使も含め、スチュワードシップ責任をどのように果たしているのかについて、原則として、顧客・受益者に対して定期的に報告を行うべきである。
7.機関投資家は、投資先企業の持続的成長に資するよう、投資先企業やその事業環境等に関する深い理解に基づき、当該企業との対話やスチュワードシップ活動に伴う判断を適切に行うための実力を備えるべきである。


また本コードの受け入れに当たり、スチュワードシップ責任を果たすための方針、及びスチュワードシップ責任を果たすに当たり管理すべき利益相反についての方針と議決権行使についての方針をここに公表いたします。


スチュワードシップ責任を果たすための方針

当社は生命保険会社の資金(保険契約)の性格に基づき、安全性・収益性・流動性・公共性に十分配慮しながら、中長期的に安定した収益の確保を行うべく、運用手法の高度化、AXAグループの持つグローバルな資産運用能力の活用、モニタリング体制の整備に努めてまいりました。株式投資に関してもお客様の利益を目的に、投資先企業の株主価値を向上させるべく適切な投資判断、議決権行使、投資先企業とのコミュニケーションなどが行えるよう、十分な調査分析とAXAグループが有するノウハウの活用を行います。なお議決権については行使を通じて当該企業の企業価値の向上や持続的成長を促すとともに、行使自体が投資の一環であるという理解に基づいてお客様に有益な判断を行います。同時に、投資先企業のモニタリングにおいては業績動向や事業環境などファンダメンタルな要素も含めて十分に注視します。

特別勘定では主に外部の運用機関が運用する投資信託への投資を行っておりますが、お客様の大事な資産をお預かりしているという点において一般勘定と変わるところはないと考えております。このため当社では日本株の運用にあたっては原則として本コードに賛同若しくはスチュワードシップ責任を果たすことができると考えられる運用機関のファンドを投資対象といたします。

スチュワードシップ責任を果たすに当たり管理すべき利益相反についての方針

「利益相反」とは、当社およびAXAグループ金融機関が行う取引により当社のお客さまの利益が不当に害されることを意味します。

当社は議決権行使、投資先企業との関係、グループ金融機関との取引等に伴うスチュワードシップ責任を果たす際に管理すべき利益相反について、関連する法律その他の法令、ガイドライン、会社規定等を遵守するとともに、お客様の利益が不当に害されることがないよう適切に業務を行ってまいります。具体的な施策にはアームレングス・ルールの遵守、議決権行使ガイドラインの整備、資産運用部門所属員の自己売買規制などがあげられます。

議決権行使についての方針

投資先企業の中長期的な株主価値向上を主眼に、お客様の利益につながるような議決権行使を行います。具体的な方針は以下の通りです。

当社やAXAグループ若しくはお客様以外の第三者の利益を図るような行使は行いません。
コーポレート・ガバナンスの重要性を認識し、各議案が中長期的な企業価値の向上に資するものかどうか判断の上、原則としてすべての議案に対して議決権の行使を行います。
議決権行使ガイドラインにより、取締役の選任、企業買収防衛策、利益処分、株主提案など各議案の種類に応じた意思決定プロセスを設けております。
外部の運用機関を通して株式投資を行う場合、当社に対する議決権行使状況の報告を求めます。


当社の議決権行使状況は下記の通りです。

2015年7月~2016年6月 株主総会 議決権行使結果(単位:議案)

議案項目 賛成 反対
剰余金処分 45 1
取締役選任 61 3
監査役選任 31 1
定款一部変更 22 0
退職慰労金支給 0 0
役員報酬額改定 30 0
新株予約権発行 6 0
会計監査人選任 2 0
組織再編関連 0 0
買収防衛策 2 1
その他の会社提案 14 0
株主提案 0 14
合計 213 20