アクサ生命社員座談会

代理店のみなさまの成功をサポートする
「CAP(Career Agent Partnerの略)」と呼ばれる
代理店営業担当者が集まり、日々の業務内容や印象的な体験談、
仕事にかける想いなどを語ってもらいました。
今、アクサ生命の代理店登録をお考えのみなさまの
ご参考になればと思っております。

司会:代理店営業として普段、どのような業務をされていますか?

市原:各代理店さんが掲げる目標達成および事業の進展に向けてのサポートが主な業務になります。具体的には、当社商品のアピールポイントや販売手法のご説明をしたり、販売実績を上げる施策提案をしたり、また経営者の方と販売実績の進捗状況や挙績管理について打ち合わせなども行います。お互いwin-winの関係で、共に成長していければと考えています。

上原:東京と千葉県内の代理店さんのサポートと新規代理店の開拓をしています。既存の代理店さんへは商品を販売していただくというゴールに向けていかにサポートできるかが重要です。一方、新規開拓は最初から自分が動いて思い描いたシナリオ通りに事を進めていける色合いが強いので、とてもやりがいを感じますね。

大嶋:私は来店型のショップと訪問販売型の代理店さんを担当しています。ショップ代理店さんとは、他店で売れている商品などの情報提供を交えながら、訪問型の代理店さんには研修の場を設け、積極的にコミュニケーションをとる中で、代理店さんの現状やニーズを把握し、当社の商品を第一に勧めていただく切り口を模索しています。

司会:みなさん、いろいろな代理店さんを担当されていますが、日々、担当営業として心がけていることは?

大嶋:仕事で大事なABCを実践しています。A=当たり前のことを、B=バカにせず、C=ちゃんとする。基本的なことを疎かにせず、丁寧な対応を心がけています。その上で、プロの方が相手ですから、しっかりとした知識を持って、筋が通った自分なりの考えをきちんとお話できるよう、自分自身のブラッシュアップも欠かせません。

上原:そうですね、自分自身ブラッシュアップできて、日々成長を感じられるのはCAPならではだと思います。代理店さんは生命保険のプロであるのはもちろん、税理士だったり、損保に強い方だったりと多種多様。私自身、保険以外の知識も付けないと対等に話ができませんし、他の生命保険会社との競争に勝てません。

市原:私は競合他社ひしめく中、信頼を得て当社商品を扱っていただくためにクイックレスポンスと的確な対応に注力しています。さらに常に先を読み、想定できることを考えておく。例えるなら2つ先の信号を見ながら、自分がガイド役になってトラブルが起きないように代理店さんをリードしていくことですね。

上原:私もお二人と同じで、当たり前のことを当たり前にできてようやくスタートライン。そこに立った上で市原さんが言われたように、相手のことを考えて行動することではじめて感動が生まれると思うのです。この感動をどれだけ代理店の方々に与えられるかを考えて仕事をしています。

司会:今、感動というキーワードが出ました。具体的なエピソードをお話しいただけますか。 

上原:他の生命保険会社の一社専属の代理店さんで、なかなか収入が安定せず一社専属に限界を感じていたところへ、私と営業サポートスタッフの綿密な連携対応でアクサ生命の商品も扱っていただくことになりました。もともと証券会社出身ということもあって、変額保険のユニット・リンクの販売が順調に拡大したことでアクサは信頼できる、代理店を辞めずに続けられると大変喜んでいただけました。

市原:代理店さん自身の証券会社時代の知識・経験はもとより、今、変額保険を販売しやすい環境になってきているのは間違いないです。

大嶋:私も今、いろいろなところでユニット・リンクの研修をしていますが、変額保険を売ってみたいという方が増えています。販売手法をアドバイスして、その通りに話したら契約に結びついた、ありがとうというお言葉をいただくたびにうれしくなります。

市原:代理店登録をしたものの、何を、どう販売したらいいのか…と悩んでいたある代理店さんが、いつの間にか表彰を受けるまでに実績をあげ、そしてアクサの表彰旅行に行かれた際、クオリティが高く、とても良かったと言っていただけたことが印象に残っています。喜びが感動に変わり、さらに販売推進の原動力となって、翌年も恒常的に実績を出し、当社の商品を販売し続けてくれています。

司会:代理店さんの成功は、担当営業にとってうれしい感動を共有できる成功体験でもありますね。今、代理店登録を検討中の方へ、アクサ生命の代理店になるおすすめポイントをご紹介ください。

市原:身内の話になるのですが、自分の母親の話ですと、アクサメディカルアシスタンスサービスに入っていたおかげで、通常のお医者さんではない、スペシャルなお医者さんを選択でき、名医に執刀してもらい、その結果クオリティライフ、生活レベル維持の向上に貢献できたのは、自分がこの仕事に携われたからでもあるし、アクサ生命の社員だったからこそのサービスが使え、結果的に家族も助けられたことですね。

上原:代理店さんとの接点を重視し、寄り添って仕事をしていくところがアクサ生命の良さだと私も思っています。代理店さんによっては、保険会社の営業担当がいなくても仕事が成り立つケースもあるかと思いますが、効率化すべきところはしながらも、さらに上を目指すならばやはり人対人の関係は絶対に必要だと思います。

市原:商品が良いのは当たり前の話で、商品+付加価値の部分でどこまで会社としての存在意義があるかと考えたら、“保障と資産形成を再定義する”取り組みを強化している点は、他社と比べてアドバンテージがあると思っています。このコンセプトに賛同していただけるのであれば、共に成長していくことができるはずです。

大嶋:保険会社としての存在意義と言いますか、社会貢献の1つとして実施している「1件2ユーロ寄付」のことも申し上げておきたいです。東日本大震災の支援活動の一環として始まったものですが、私が担当する関西エリアは多くの方が阪神大震災を経験しており、こういった活動に賛同していただけることが多いです。

上原:東日本大震災の復興支援で言えば、アクサレディスゴルフトーナメントもありますね。ツアーには優績代理店さんもご参加いただける、そういった取り組みも積極的に行っていることもアクサ生命という会社の魅力の1つだと思っています。

司会:代理店さん側からすると、保険会社としての責任や商品の良さはもちろん、他の保険会社さん以上にCAPの顔が見えるフォローがあるのは安心感につながりますし、厚い信頼も得られるということですね。若手CAPのみなさんの仕事にかける熱き思いが、代理店登録をお考えの方々にも伝わったと思います。今日はどうもありがとうございました。

北関東パートナービジネス営業部
営業部長
市原 寿一
2001年中途入社。千葉県出身。日本大学卒。前職は外資系の生命保険会社。趣味はゴルフ。所管長として北関東エリア5県にまたがる全体の指揮監督、代理店への営業推進、部下のマネジメントを行っています。

首都圏パートナービジネス営業部
営業第一グループマネジャー
上原 鋭也
2007年新卒入社。神奈川県出身。関東学院大学卒。趣味はサッカーとゴルフ。休日は子どもと遊ぶことを楽しみに、それを励みに日々仕事をがんばっています。

広域代理店関西営業部
営業第一グループ(主任)
大嶋 愛唯
2012年中途入社。大阪府出身。神戸市立外国語大学卒。前職は国内の生命保険会社。休暇を利用して好きな旅行でリフレッシュ。オン・オフのメリハリをつけて楽しく仕事をしています。

お問い合わせはこちらへ