​従業員紹介

高橋 瑛子 2014年12月入社 白金本社 HRオペレーション


入社のきっかけ

​精神障害があり、障害者枠で応募しました。

事務業務を希望し、趣味で勉強していた手話も活かしたいと思いました。就労支援の方の紹介で聴覚障害の方が多く働いているということを知り一緒に働いてみたい、障害のある私でもステップアップ、貢献していきたいと思ったことがきっかけです。


就業環境について感じること

​障害のある人、ない人、分け隔てなく、一人ひとりに合わせてできることを伸ばせる職場です。

できないことはできる人にサポートしてもらい、お互いに助け合い、絆を深めてきました。

できることを最大限に活かし、できないことでも目標を持ってできるようにしたいと前向きな志、努力をしていけば上司、先輩、同僚の方は協力してくれます。

自分が自分らしく、可能性を広げていくことのできる本当に恵まれた環境で働けています。


仕事内容と心がけていること

​従業員の問合せ窓口となる部署でサポート業務を中心に行っています。いずれは担当の業務がもてるよう、勉強中です。

現在は訃報対応、社内ホームページの編集作業、ノートテイク(PCタイピング)等を行っています。特に訃報業務は重要、責任のある業務で迅速で正確な対応が必要となります。

ミスのないよう慎重に対応するよう心掛けています。


​あなたにとってアクサとは?

​最初の部署では聴覚障害、視覚障害、精神障害の方等、個性あふれる職場で社内印刷受付、リーダーを担当しました。手話や筆談含め、コミュニケーションの大切さを学びました。

次に入社者等のデータをシステムに入力する、正確、スピードが求められる業務を担当しました。正確にこなすことの大切さ、確認の重要性を改めて感じました。そして現在の部署に至ります。

今後は更にオフィス系ソフトや専門知識を深め、業務の幅を広げていきたいと思います。さまざまな経験を重ね、活躍を応援してくれる、安心して働ける会社です。


​入社される方へのメッセージ

​仕事をしていく上で、失敗したりや不安になってしまったりすることもありますが、上司と定期的な面談もあり、同僚とも普段からコミュニケーションをとり、頑張っていれば誰かが見てくれています。

うまくいかない時も話を聞いて、今後の進め方について一緒に考えてくれます。同じ方向性、目的に向かって信頼し合える仲間は私の宝です。


他の従業員インタビュー