人材に関する取り組み

アクサ生命は、全社員が持てる能力を余すことなく発揮し、個人の成長とビジネスへの貢献を可能にする職場づくりに取り組んでいます。

AXA の4つのコアバリュー(価値基準)

AXAは社員のパフォーマンス指標である「Behavior」(リーダーシップ行動)の核となる4つのバリューを定めています。

ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み

アクサ生命では、社員一人ひとりの能力や個性(ダイバーシティ)を尊重することが、企業として成長するための原動力であると考えています。社員の多様性を受け入れる企業文化を醸成するため、全社的な経営課題としてダイバーシティ&インクルージョンに取り組む姿勢は社外からも評価されています。社員が存分に力を発揮できる環境づくりを進めることで、お客さまの多様なご要望にお応えし、より良いサービスを提供していきます。

ダイバーシティ&インクルージョンの推進体制

CEOの強いリーダーシップのもと、強固なガバナンス体制を整え、全社レベルでダイバーシティ&インクルージョンに取り組んでいます。

女性の活躍推進

社員の半数を占める女性社員の活躍推進と管理職登用に積極的に取り組み、性別に関わらず持てる能力を十分に発揮できる環境づくりを進めています。

障害者の雇用推進

「チャリティでなく、チャンス」 - 障害の有無に関わらず、社員に意義ある職業機会を提供し、戦力として期待するという雇用方針のもと、積極的に障害者の採用を進めています。

ワークライフバランス

社員ひとりひとりが心身両面の健康を増進し、仕事とプライベートをバランスよく充実させることで、仕事に対する意欲と生産性の向上が図れるよう、ワークライフバランスの推進に積極的に取り組んでいます。

LGBTフレンドリーな環境を推進

アクサ生命では、「人権に関する基本方針」に基づき、LGBT当事者が自分らしくいられる環境を整えるべく取り組みを実施しています。

従業員トレーニング

アクサ生命は、お客さまに最高のサービスを提供するために、「全社員がお客さまのためにリーダーシップを発揮する」ことを目的に人材育成を進めています。営業社員には販売チャネルの特性にあわせてきめ細かく、内勤社員にはお客さまのことを考えて最善を尽くすよう、数多くのリーダーシップ開発プログラム、自己啓発プログラムを活用して、優れた人材の育成に努めています。