1. 世界No.1の保険ブランド

世界最大級の保険・資産運用グループAXA

AXAは1817年にフランスで生まれ、世界64の国と地域、約1億300万人のお客さまから信頼をいただいている世界最大級の保険・資産運用グループです。

※インターブランド社「BEST GLOBAL BRANDS 2016」より

保険会社ブランド力8年連続世界NO.1

※インターブランド社「BEST GLOBAL BRANDS 2016」より

世界64

国と地域で事業展開

世界に

1300万人

のお客さま

世界に

166,000

の従業員

信頼を裏付ける健全な財務基盤

S&P保険財務力格付け“A+”をはじめ、財務の信頼性の高さは数字でも示されています。

AXAグループの主要業績

S&P 保険財務力格付け*1
A+
運用資産総額

1781,168億円

(約1兆3,630億ユーロ)

総売上

133,329億円

(約990億ユーロ)

アンダーライング・アーニングス(基本利益)*2

7,539億円

(約55.7億ユーロ)

純利益

7,593億円

(約56.1億ユーロ)

アクサ生命の主要業績

ソルベンシー・マージン比率*3
761.2%
総資産
68,947億円
保険料等収入
6,044億円
個人保険・個人年金保険の保有契約件数
432万件

数値は2015年 AXAグループ実績

※ 換算レート

総売上、アンダーライング・アーニングス、純利益:1ユーロ=¥135.4(2015年平均)

運用資産総額:1ユーロ=¥130.7(2015年12月末)

*1…S&P 保険財務力格付けとは、独立した第三者である格付機関が保険会社の保険金の支払いに関する確実性をアルファベットなどで表した意見で、アクサ生命はスタンダード&プアーズ(S&P)より保険財務力格付けを取得しています。アクサ生命はAXAグループの「戦略的に重要な中核子会社」として、保険財務力について「A+:保険契約債務を履行する能力は強い」と評価されています。

*2…アンダーライング・アーニングス(基本利益)とは、アジャステッド・アーニングス(調整後利益=非恒常的取引による影響額とグループ全体の営業権償却額を除いた純利益のグループ持分)から株主に帰属するネット・キャピタルゲインおよび2001年9月11日の米国同時多発テロによる影響を除いたものです。

*3…ソルベンシー・マージン比率とは、通常の予測を超えて発生する大災害や株価の大暴落などのリスクに対し、支払余力を判断するための行政監督上の指標のひとつです。この数値が200%を下回ると、監督当局による早期是正措置の対象となります。

欧州で約200年、日本で80年以上積み上げた実績

1817年、フランスでAXAの前身となる保険会社コンパニー・ダシュランス・ミューチュエル・コントル・ランサンディ設立。日本では1934年6月、非営利の独占形態による日本初の団体生命保険専門会社、日本団体生命(後のアクサグループライフ生命)設立。以降80年以上、日本で実績を積み上げてきました。