過去の保険金等のお支払い状況

支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2018年度)

​2019年7月公表

​2018年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ(*2)等)が判明し、2018年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

2018年度
合計 

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​1,557

​118

​1,439

金額
(単位:百万円)

​20

​14

​6

​(注)上記1,557件・約20百万円のうち、1,406件・約0.8百万円は、2018年度に判明した拠出型企業年金保険の積立金の過少払いに係る追加のお支払いです。本案件については、判明後速やかにお客さまあてご案内を実施し、支払いを完了しています。また、システム対応や検証体制の強化等の再発防止策もあわせて実施済みです。

​上記のほか、2018年度には、2017年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、597件・10百万円実施しています。

(注)上記597件・10百万円のうち、566件・約1百万円は、2018年度に判明した個人保険の1997年割り当て配当金の未払いに係る追加のお支払いです。本案件については、該当契約の配当金計算を行い、2019年3月中旬より順次、対象のお客さまへお詫びと返金のご案内通知の送付を実施しております。


支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2017年度)

​2018年6月公表

​2017年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ*2)等)が判明し、2017年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

2017年度
合計

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​166

​151

​15

金額
(単位:百万円)

​28

​25

​3

​上記のほか、2017年度には、2016年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、24件・9百万円実施しています。

​2017年度の支払漏れ等166件はお支払いを完了しております。支払漏れ等166件のうち、保険金・給付金に関し支払漏れが判明した件数は147件です。この147件のうち、133件は支払い後の検証等で、速やかに追加のお支払いを行ったものです。


支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2016年度)

​2017年6月公表

​2016年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ(*2)等)が判明し、2016年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

​ 

2016年度
合計

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​80

​56

​24

金額
(単位:百万円)

​24

​12

​12

​上記のほか、2016年度には、2015年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、17件・5百万円実施しています。

​2016年度の支払漏れ等80件はお支払いを完了しております。支払漏れ等80件のうち、保険金・給付金に関し支払漏れが判明した件数は73件です。この73件のうち、53件は支払い後の検証等で、速やかに追加のお支払いを行ったものです。


支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2015年度)

​2016年6月公表

​2015年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ(*2)等)が判明し、2015年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

2015年度
合計 

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​97

​60

​37

金額
(単位:百万円)

​10

​7

​3

​上記のほか、2015年度には、2014年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、55件・1百万円実施しています。


支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2014年度)

​2015年6月公表

​2014年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ(*2)等)が判明し、2014年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

2014年度
合計 

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​178

​122

​66

金額
(単位:百万円)

​39

​15

​24

​上記のほか、2014年度には、2013年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、648件・13百万円実施しています。


支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2013年度)

​2014年6月公表

​2013年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ(*2)等)が判明し、2013年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

2013年度
合計 

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​403

​362

​41

金額
(単位:百万円)

​27

​11

​16

​上記のほか、2013年度には、2012年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、1741件・88百万円実施しています。


支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2012年度)

​2013年6月公表

​2012年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ(*2)等)が判明し、2012年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

2012年度
合計 

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​240

​189

​51

金額
(単位:百万円)

​75

​55

​20

​上記のほか、2012年度には、2011年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、175件・27百万円実施しています。


支払漏れ等が判明し、追加でお支払いした保険金等の件数・金額(2011年度)

​2012年6月公表

​2011年度に保険金等の支払いを行った事案に関し、支払漏れ等(支払漏れ(*1)・請求案内漏れ(*2)等)が判明し、2011年度に追加的な支払いを行った事案は、以下の通りです。

  • ​支払漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、支払い対象と判断することが可能であった事案

  • ​請求案内漏れ:保険金・給付金の請求時に提出された診断書等に記載された内容から、請求を受けた保険金・給付金以外にも支払える可能性がある保険金・給付金があったにも関わらず、通常の検証作業(原則として当初の支払いから1ヶ月以内)で把握されず個別の請求案内が行われなかった事案

2011年度
合計 

内訳

当社が自ら支払漏れ等を把握し、追加的に
支払ったもの
(内部発見)

お客さま等からの申出・照会により、
支払漏れ等が判明し、追加的に支払ったもの
(外部発見)

件数
(単位:件)

​485

​(※3)424

​61

金額
(単位:百万円)

​82

​66

​16

​上記のほか、2011年度には、2010年度以前に保険金等の支払いを行った事案に係る追加的な支払いを、1,055件(※4)・17百万円実施しています。

  • ​請求案内は実施しているが、1ヶ月以内に請求案内が出来なかった319事案が含まれます。

  • ​システム障害により遅延利息の支払漏れ等が発生した940事案が含まれます。

customer navigation window icon
どのようなご用件をお探しでしょうか?