会社戦略を数字の面からチェックし、経営陣の意思決定をサポートする
入社以来、私が携わっている職種が「アクチュアリー」です。アクチュアリーとは数理業務の専門職で、生命保険会社では確率や統計論を用いて、将来にわたる保険金の支払額や掛け金率などを算出する役割を担います。私はもともと生命保険業界に特別な興味があったわけではありませんでしたが、大学院で数学を専攻していたことがきっかけで、この職種と出会いました。入社から約6年間、商品数理部に所属して商品開発業務や会社イニシアチブのサポート、再保険業務などを担当し、2016年1月からは現在の戦略本部に異動して戦略計画の策定、会社の主要KPI(重要業績指標)のレポート・パフォーマンス分析、CEO/CFOのサポートなど、社内横断的な業務に幅広く携わっています。当社においてアクチュアリーは、私が所属する戦略部門の他、商品開発メインの商品数理部門、会社の決算を担当するバリエーション部門、ソルベンシーマージンやリスク料計算をするリスク管理部門、資産運用に関わるALM部門など幅広い活躍フィールドが用意されています。



商品開発業務におけるアクチュアリーとしての難しさは、保険商品の価格設定にあります。保険商品は保険料と給付金のバランスを将来的な確率に基づいて解析し、保険料を逆算していきます。確率や統計論の知識が必要なのはもちろんですが、保険ビジネスのメカニズムおよび会社のビジネスモデルを理解していないと商品開発はできません。私の役割はアクチュアリーとして会社戦略を定量的な側面でサポートすることですが、会社には様々な財務指標があり、相反することもしばしばです。そこで、どう優先順位をつけてバランスを取るか、中長期的な視点ではどうかなどを数値的な観点からチェックし、ロジック・ストリーを組み立てて会社の意思決定をサポートし、時には提案を行います。難しいのは普遍的な答えがないということです。プロフェッショナルである以上、ほんの小さなことでも目標を設定し、必ず結果に責任を持つことを心がけて、日々の業務に取り組んでいます。


『Payer to Partner』を意識してお客さまの声に耳を傾けていきたい
業界におけるアクサ生命の強みは、『Payer to Partner』という言葉が表す通り、お客さまに寄り添う商品・サービスの提供にあります。お客さまのライフプランを考えたサポートを継続的に行い、良きパートナーとなることを目指す。会社の戦略もそうあるべきで、戦略本部は現場の営業・マーケティング担当との連携を密にして、広くお客さまの声に耳を傾けることが求められます。そういう意味で、これからのアクチュアリーは確率や統計論に基づいて計算するだけでなく、お客さまに寄り添うためのビジネスとアカデミックな知識・理論をうまく融合させて、業務自体を進化させていくことが大切だと考えています。
アクチュアリーとしてやりがいを感じる時

戦略部門は会社の方向性を決め、実行に導く役割を担っており、大きな責任が伴う分、うまく業務成果につながった時の達成感も格別です。アクチュアリーの立場としては、保険数理の見識やスキルをベースとしてビジネス及び会社全体を俯瞰し、意思決定をサポートできる面白さを実感できます。また、商品数理部門では、自分が開発に携わった商品が世に出て、お客さまに喜んでいただけた時にやりがいを感じます。商品数理部に所属していた時、外貨建ての変額終身保険の開発に関わったことがありました。価格設定や金融庁との認可折衝といった通常業務だけでなく、実際に現場でセールスを担当する営業社員に同行し、現場でお客さまの生の声を聞き、それを商品企画に反映し形にするところまで幅広く携わることができました。


これから応募される方へのメッセージ

アクチュアリーは数字の専門家ですが、大学時代に数学を学んでいなくてもまったく問題ありません。資格取得も入社後、働きながら勉強して取得可能です。様々な働き方やキャリアパスの選択が可能な魅力ある仕事に、ぜひ、チャレンジしてください!

close