働き方と働く環境
OUR WORKING STYLE

アクサ生命では、社員一人ひとりの能力や個性(ダイバーシティ)を尊重することが、企業として成長するための原動力であると考え、全社的な経営課題として「ダイバーシティ&インクルージョン」に積極的に取り組んでいます。また、社員が存分に力を発揮できるように、社員のワークライフバランスを重視した職場環境と福利厚生の充実を図っています。きめ細かな人材育成プログラムの実施も社員の成長に大きく寄与しています。

ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み


アクサ生命では、全社的な経営課題として「ダイバーシティ&インクルージョン」に取り組むことで、社員の多様性を受け入れる企業文化を積極的に醸成しています。その姿勢は社内外で高く評価されるとともに、採用面でも取り入れられ、多くの女性や外国人、障害者の方、LGBTの人が入社し、それぞれの能力と個性を発揮して様々な職場で活躍しています。


一人ひとりの個性が輝く職場環境【座談会】


「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進に全社的に取り組むアクサ生命。その流れに対して、実際に働く社員たちはどう考えているのでしょうか。
ここでは、年齢も、業務内容も、ポジションも、ライフスタイルも、全く違う4人の方々に集まっていただき、アクサの取り組みと自分たちの現状について、本音で語っていだだきました。


教育制度


アクサ生命では、全社員がお客さまに最高のサービスを提供できる人材になることを目指し、独自の人材育成を推進しています。新入社員研修に始まり、多様な職種・階層に合わせた研修制度、リーダーシップ開発や自己啓発を目的としたプログラムの充実化を図り、社員の成長をサポートしています。


職場環境と福利厚生


社員一人ひとりが自らの個性と能力を発揮できる職場づくり。それは、企業の成長にとって不可欠な要素です。また、社員のワークライフバランスの充実度を高めることも、仕事のクオリティに直結します。アクサ生命は社員の働く環境と豊かな人生をバックアップしています。


close