ライフプランニング体験者の声

コンサルティングのプロが、「あなたらしさ」を大切にしながら、お客さまの夢を叶えるためのライフプランニングをいたします。

体験者の生の声を動画でご紹介



Profile1. 独身女性


周りはみんな保険に入っているけど、なかなか踏み切れず


社会人になってから周りが保険に入っているのが当たり前になってきて、自分も入ったほうがいいのかなと漠然と思っていたんですけど、なかなか踏み切れなくて…
そんなときに友人から紹介されたのがFAの佐藤さんでした。

初めは少し身構えていましたが、話しやすい雰囲気を作ってくれたので、あまり抵抗なく話すことができました。

将来のライフイベントや老後も見据えてのプランニング

今まではなんとなく毎月一定額を貯めているみたいな状況でしたが、今後もしかしたら結婚するかもしれないし、子どもができるかもしれない。
あくまで理想論ですけど、いろいろな可能性を視野に入れてライフプランを組み立てていただきました。
まだ全然先ですけど、退職したあとにいくらぐらいあれば安心して老後を過ごせるのかといったことを教えていただいたり、普通に生活していても知り得ないことだったりするので、すごくありがたかったです。

保険のデメリットも理解した上で契約しました


どの保険にも必ずメリット・デメリットがあるので、デメリットについてもきちんと説明してもらって、納得した上で契約することができました。

また、保険の話だけじゃなくて、今やりたいことを実現するためにいくら残しておけばよいかといった話ができたこともよかったですね。
年に何回か旅行に行くとして、毎月いくら積み立てておけばよいかとか具体的に話してもらえたので、旅行に行くことに対しての不安も少なくなりました

いつでも相談できる相手ができたという安心感

これから先、結婚や出産など大事なライフイベントの都度、この人に相談すれば大丈夫という相手ができたことは、すごくありがたいなと思っています。
もし、ただただ漠然と日々を過ごしている友達がいたら、ライフプランニングをしてみるのもありじゃないかとお勧めしたいなと思います。

なんとなく将来について考えてみたり、自分の人生を見直してみるきっかけにはなってくれるのかなと思います。

担当したフィナンシャルプラン・アドバイザーから

初めてお会いした時、「お若いのにしっかりと将来の事を考えていて、とても慎重な方だな」と感じました。そんなお客さまに合わせ、やりたいことを叶えるためにしっかりとリスクヘッジをしたプランをご提案致しました。

我々の仕事はお客さまの夢を実現させるためにライフプランニングを行うことと、変化に合わせてメンテナンスを行うことです。
保険をはじめ、金融以外のことでも構いません。是非お気軽にご相談ください。

首都圏第五FA支社  佐藤 博之

Profile2. ご夫婦(奥さま妊娠中)


結婚を機に貯蓄型の保険を検討


結婚を目の前にして、もう少し将来の備えを増やしておいた方がいいんじゃないかということを2人で話し、貯蓄型の保険を検討するようになりました。

そんなときに、知り合いからすごくいいFAがいるということで紹介してもらったのが小林さんでした。
実際にお会いしてみると、保険以外のことなどもすごくオープンに話してくれる人で。
2~3時間話しながらずっとメモを取ってくれていました。

出てきたものは、保険の提案ではなく「人生計画」の提案

「こういう保障のメニューがあって、これがいいですよ」という単純な保険の提案だけなら、その人にライフプランニングをしてもらう意味はないのですが、小林さんは、私たちの年齢や年収はもちろん、どういった夫婦生活を築いていきたいのかとか、将来どのくらい余裕を持って生活したいのかといったことまでヒアリングして、私たちにとって最適なメニューを真剣に考えてくれました。

保険の提案というよりは「人生計画」の提案と言った方が近いかもしれません。

FAと向き合い、自分たちの状況をきちんと伝えることが大切


収入や支出など、プライベートな部分を開示することに抵抗がある人もいると思いますが、自分たちの状況をきちんと伝えなければ、適切なライフプランを立ててもらうのは難しいと思います。

例えば、病院で検診してもらうときに、恥ずかしいからといってお腹を隠したままにしていたら正しく診察できないのと同じで、自分の今の年収がどのくらいで、今後どういった人生を送りたいかということをFAに伝え、しっかり向き合おうとすることが大切だなと思いました。

「お客さま」ではなく、人生のパートナーとして

私たち2人の将来を真剣に考えてご提案いただけたことが、すごく良かったなと思っています。
今では保険の相談だけでなく、人生のターニングポイントで相談できる相手として、夫婦ともに小林さんのことを信頼しています。

プライベートでも小林さんと3人で飲みに行くことなどもあり、小林さんも私たちのことを「お客さま」としてではなく、一緒に人生を考える「パートナー」として見てくれているかなと感じています。

担当したフィナンシャルプラン・アドバイザーから

ご夫婦が入籍される直前に最初のライフプランニングを行い、お仕事やお子様などの夢を熱く楽しく語っていただきました。
まもなく待望の第一子がご誕生予定ですが、今後も家族が増えたり仕事が変わったりした際に、その都度ライフプランニングの担当として一緒にメンテナンスさせて頂ければと思います。

「ライフプランニング」とは「夢を実現させるための道しるべ」のようなものです。ご相談お待ちしています。

首都圏第四FA支社  小林 大介

Profile3. ご家族(お子さま二人)


住宅購入資金や子どもの教育資金など、漠然と考えていたけたけど…


1人目の子どもが生まれたときに、一人前に育てるまでにどれくらいのお金が要るのかといったことを考えるようになり、一度プロの意見を聞いてみたいと思ったのがきっかけでした。

教育費や住宅購入に漠然とお金がかかるだろうなというのは分かっていても、具体的にいくら必要なのかといったことは全然見えていなかったので、基本的なことから教えてもらいたいなという思いでFAの方に相談しました。

夫婦とライフプランナーの3人で共通認識が持てた

始めて担当のFAの方にお会いしたときに、保険の説明というよりも、基本的なお金の流れとかを2時間くらいかけて丁寧に説明していただいて、まさに目からウロコでした。

普段お金のことについて面と向かって話すこと自体があまりなかったので、FAの方を含めて3人で話せたことで、共通認識を持つことができました
毎日、仕事や育児に追われてしまって、具体的な計画が立てられていませんでしたが、毎月の収入や支出、貯蓄を見える化してもらえたことが、すごく良かったなと思います。

しっかり前を向いて歩いていけるという感覚がつかめた


今はまだ子ども2人とも幼いので、養育費にすごくお金がかかるという実感はないですが、大学まで進学させるとなった場合、小学校から大学まで全部公立だったとしても結構かかりますよね。

ライフプランニングをしてもらったことで、今から準備できるようになってすごく良かったなと思っています。
今まではぼんやりとした目標しかなく、漠然と不安もありましたが、ライフプランニングを通して今後の人生設計のアドバイスをもらえたことで、しっかり前を向いて歩いて行けそうだなという感覚はつかめましたね。

FAと契約者という立場を越えて

お金のこととか保険のことって他人に話しにくいので、人生の節目節目で相談できる相手がいるというのは心強いですし、すごく頼りにしています。
保険に入っているという安心とはまた別の安心感がありますね。

また、第2子が無事に生まれてきたときには友人や家族のように喜んでくれて、今ではFAと契約者という立場を越えて、私たちの人生を一緒に歩んでくれる大切な存在だと思っています。

担当したフィナンシャルプラン・アドバイザーから

ライフプランニングの面談では、お子さまの名前の由来についてもお話し頂き、終始心温まる打ち合わせでした。今後もお二人のご家庭らしい、穏やかな幸せを実現するお手伝いができたら幸いです。

ライフプランニングは、主役であるお客様が、叶えたいこと・大切にしていることをご家族で話し合い、共有し合っていただく場でもあります。
「最近ちょっと夫婦で話せていないかも」という方、是非ライフプランニングを体験してみませんか?

首都圏第六FA支社   前田 智紘

close