知っておきたい保険の役割と仕組み

医療保険と生命保険の役割と仕組み

医療保険と生命保険は、どちらも将来の備えのために入るもの。しかし、その役割は違ってきます。医療保険は「自分自身」の病気やケガのリスクに備えるものですが、生命保険は、自分が死亡したときに、例えの葬儀代や「残された家族」へお金を残す役割を持つものです。

また、その仕組みはさまざまで、一生涯保障が続く終身保険、必要な期間だけ保障がある定期保険、期間中のリスクの大きさに応じて保障額を設定できる逓減・逓増定期保険、変額保険などがあります。

医療保険とがん保険の違い

病気やケガでかかる治療費や入院費など、医療に関する保障をするのが医療保険。その中で、特にがんだけに特化したのが、がん保険です。

医療保険でもがんでの入院費や手術などが対象となりますが、がん保険では、がんの手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)や緩和療養など、がんの治療により特化した治療に対しての保障があります。また、がん保険の種類によっては加入してから保障を開始するまでの待ち期間がある保険もあります。通常、保険は契約して1回目の保険料を支払った後から保障が開始されます。がん保険は、がんになった当初は自覚症状がない場合が多く、また「がんになったかもしれない」と不安になった人ががん保険に入りたがる傾向があるため、契約の公平性を維持することを目的として、契約後一定期間はがんと診断されても保障されない期間を設けている場合があります。

主契約と特約

保険には、ベースとなる主契約と主契約に追加できる特約があります。特約を追加することで、保障をさらに充実することができます。

主契約

  • 単独で、ベースとして契約する保険。保険を契約する際の主役となる役割。
  • 例:医療保険、がん保険、死亡保険

特約

  • 主契約の保障に追加して、より手厚い保障を得るためにオプションとして追加できるもの。単独では契約できない。
  • 例:先進医療給付特約、3大疾病診断給付特約、手術給付特約

保険の更新、保険料の払込期間とは?

定期保険のうち更新ができる保険は、保障期間が満了したときに病気の有無に関わらず、同じ保障内容で保険を更新することができます。保険料は、更新する時の年齢によって再計算されます。更新型ではない定期保険に加入していて、保険期間が満了した時に新しい保険に入ろうとした場合には、契約を引き受けることが可能かの健康状態の査定がされます。給付履歴や病気がある場合には、新しい保険に入ることができなかったり、既存の病気に対する治療費については支払対象外となる場合もあります。

保険料の払込期間とは、契約を続けるために保険料を払う期間のことを指します。払込回数を少なくすると、払込総額を抑えることができます。また、毎月の保険料を抑えたい場合には、払込期間を長くする方法もあります。

保険の役割と仕組みをきちんと理解したうえで、自分が必要とする保険のプランを組み立てるようにしましょう。