保険はいつ入るべき? 早く入るとお得って本当?

保険を考えるタイミングと保険の役割

20代、30代、40代…、独身、夫婦二人、夫婦と子ども…と、年齢やライフステージによってリスクに対する優先順位が変化することはよくあります。それに伴い保険も必要な保障が違ってきます。また、時代とともに保険商品は変化しているため、契約時は最新の保険商品だったしても、その後に新しく開発された治療法には対応していないこともあります。保険に入って終わりではなく、定期的に見直しをして、保険のメンテナンスをしていくことが効果的といえます。

保険の種類と加入する目的

目的によって加入する保険は違ってきます。まずはどのような保障が自分に必要なのかを分析したうえで、加入する保険を選びましょう。

医療保険・がん保険

  • 病気やケガになったときの治療費や経済的な不安を軽減するため
  • がんになった場合の高額な治療費やがんに特化した通院や放射線治療、疼痛緩和のための治療をサポートするため

死亡保険・変額保険

  • 万が一のことがあったときの葬儀・墓地代や残された家族の暮らしを守り経済的な負担を減らすため
  • 万が一のときの保障を準備しながら資産作りをするため

就業不能保険

  • 病気やケガで働けなくなった場合に、それまでの収入を得られなくなり収入が減少するリスクに備えるため

介護保険

  • 要介護状態になったときに備える

保険を早く検討しておくべき理由は?

保険に入るタイミングは「必要を感じたらできるだけ早く」が良いでしょう。
過去に入院や手術歴、健康診断や人間ドッグでの異常があると、健康上の理由から保険に加入できなくなる場合もあります。何かがあってから保険を考えたのではもう遅い、ということもあるので、健康なうちに保険を検討しておくことが大事です。また、年齢が若いほうが一般的に保険料は安くなります。

まずは「なぜ自分に保険が必要なのか」を考えてみましょう。そして「必要だと思ったらできるだけ早く加入する」が、保険とうまく付き合うコツだと言えます。