保険はいつ加入すべき? 早く入るとお得って本当?

保険を考えるタイミングと保険の役割

20代、30代、40代…、独身、夫婦二人、夫婦と子ども…と、年齢やライフステージによってリスクに対する優先順位が変化することはよくあります。それに伴い保険も必要な保障が違ってきます。また、時代とともに保険商品は変化しているため、契約時は最新の保険商品だったしても、その後に新しく開発された治療法には対応していないこともあります。保険に入って終わりではなく、定期的に見直しをして、保険のメンテナンスをしていくことが効果的といえます。

保険を早く検討しておくべき理由は?

保険に入るタイミングは「必要を感じたらできるだけ早く」が良いでしょう。
過去に入院や手術歴、健康診断や人間ドッグでの異常があると、健康上の理由から保険に加入できなくなる場合もあります。何かがあってから保険を考えたのではもう遅い、ということもあるので、健康なうちに保険を検討しておくことが大事です。また、年齢が若いほうが一般的に保険料は安くなります。

まずは「なぜ自分に保険が必要なのか」を考えてみましょう。そして「必要だと思ったらできるだけ早く加入する」が、保険とうまく付き合うコツだと言えます。

保険のことを検討するきっかけは?

保険のことを検討しはじめるタイミングは、人によってさまざまですが、自分の立場や考え方に近い人の体験談はきっと参考になるでしょう。

「結婚して、大切な人をいつまでも守りたいと思った」
「子どもが生まれて、将来のお金のことが不安になった」
「身近な人ががんになって、はじめて保険を考えた」
「経営者として、従業員や家族を守る責任を強く感じた」
 ・・・
以下のページで、色々なケースにおいて保険を考えはじめたきっかけを紹介していますので、ぜひご覧ください。
「私が保険のことを考え始めた理由」はこちら →


AXA-A2-1906-0348/A6D