昔入った保険はそのままで良いの? 見直したほうが良いの?

ライフステージに合わせて最適な保険選びを

「20代のうちに保険に加入して、そのまま10年以上経ってしまった」という方もいるのではないでしょうか?若いときに加入した保険は保険料が安い反面、時間が経ってしまったことで保障内容がわからなくなってしまったり、現在のライフステージに合わなくなってしまっている可能性があります。

例えば、社会人になったときに医療保険に加入し、その後結婚、お子さんが生まれた方ケースを考えてみると、独身時代の加入目的としては、「自分の生活を守るため」が多いと思われます。自分が病気やケガをした場合の入院費や治療費はまかなうことはできますが、結婚後に新しく増えた家族を守るには保障が足りないということが起こってしまいます。

そのため、生活環境が変わったタイミングには、今の自分に必要な保障が何かを考えて、保険を見直すことが大切です。保障内容を最適化するだけでなく、必要のない保障を省くことで、無駄な保険料を払わずにすむ可能性もあります。就職したとき、結婚したとき、子どもが生まれたとき、子どもが独立したとき、退職したとき、相続の対策を考えはじめたとき……。それぞれのライフステージに合わせて最適な保険を選んでいきましょう。

ニーズに合わせた新しい保険が続々登場

保険の見直しをすると、新しい保険を知る機会にもなります。現在の社会ニーズや医療技術の進歩に合った保険が、毎年新しく開発されています。それまで自分が欲しいと思う保険がなかったという方でも、自分に合った保険を見つけることができるかもしれません。