女性のための保険はどんなものがあるの?

女性特有のリスクとは?

女性ならではのリスクとして、妊娠、出産時の病気やケガ、女性特有の病気、長生きのリスクが考えられます。それぞれのリスクについて詳しくみてみましょう。

女性が直面する可能性がある病気はどんなものがある?

女性特有の病気について考えてみましょう。妊娠・出産に関わるものをはじめ、子宮や卵巣、乳房など女性ならでの病気があります。具体的には、異常分娩や早産、流産、子宮筋腫、乳がん、子宮がん、卵巣がん、卵巣嚢腫、子宮内膜症などです。これらの病気になってしまった場合に、手厚い保障を受けることができるのが女性向けの医療保険や特約となります。

また、妊娠中や出産直後の加入は断られる、保障範囲に制限が設けられることが多いため、保険に加入するタイミングはしっかりと考えた方が良いと言えます。

女性特有の長生きのリスクとは?

平成27年の日本人の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳と厚生労働省の調査で発表されています。つまり女性は男性よりも平均で6歳以上長生きするのです。理想的な老後を過ごすために、早いうちから計画的に準備をしておくことで、長生きのリスクに対して備えておくことができます。

女性のための保険は、「自分に必要な保障を準備する」という意味では他の保険と同じです。上記のような、女性特有のリスクを理解して、自分自身のために必要な保障に備えておくとよいでしょう。