対談インタビューvol.3 何気ない関係から信頼できるパートナーへ 大日ホールディングス株式会社代表取締役社長、吉森直紀さま チーフエグゼクティブフィナンシャルプランアドバイザー、井上悟史対談インタビューvol.3 何気ない関係から信頼できるパートナーへ 大日ホールディングス株式会社代表取締役社長、吉森直紀さま チーフエグゼクティブフィナンシャルプランアドバイザー、井上悟史

責任感が強い井上さんの力が、どうしても必要でした

井上FAと吉森社長は、青年会議所(以下、JC)を通じて出会いました。

吉森社長:私が神戸JCの理事長で、井上さんが副理事長という立場でしたね。
最初会ったときの印象は、ものすごく真面目そうで、僕のようなタイプの人間と合うかな?と思っていました。今は冗談を言い合える仲になりましたね。

井上FA:JCの理事長と副理事長は、上司と部下みたいな感じですよね。理事長って組織のトップなので、僕たちは理事長を支えないといけませんし、守らないといけないという立場でした。

吉森社長:大変だったでしょう?

井上FA:いえ、そんなことありませんでした。楽しかったです。

吉森社長:そうはいっても、井上さんは責任感が強いから、相当大変な思いをしたはずですよね。辞めたいと言われたことも確かありました。

井上FA:すみません。そんなこともありましたね。

吉森社長:辞めたいと言われたけど、私は井上さんの力がどうしても必要でしたから、何とかとどまってもらいました。

井上FA:「ここで辞めたら、今までやってきたことがすべて水の泡になる」と言われて、踏みとどまりました。今は、あの時辞めなくて良かったと思っています。大変だった分、やり遂げた時の達成感は半端なかったですから・・・。

吉森社長と井上FA吉森社長と井上FA

お付き合いからはじまった生命保険のご契約

井上FAは吉森社長から生命保険の提案をしてほしいと依頼されました。
それは、いわゆる「お付き合いの保険相談」でした。

吉森社長と井上FA

吉森社長:私は義理人情を大切にしているのですよ。すべてにおいて。JCで何年間も苦労しているのを見ているわけですから、こちらも何か役にたてないかなと思ったわけです。だから最初は、生命保険のセールスとして大きな期待は正直していなかったですね。

井上FA:期待してなったのですか!?

吉森社長:確かに期待していませんでした。1ミリも・・・。でも話を聞いてみると、期待以上でしたね。

井上FA:ありがとうございます。吉森社長の会社は大きい会社でいらっしゃるので、色々なセールスの訪問を受けるでしょうけど、その中で、本当に役に立つ話というのは、実はそんなに多くなかったりするかなと思っていました。
ですから、吉森社長の会社にとって何が大切かを考えて提案させていただきました。


社員想いの保険

大日ホールディングス株式会社社屋大日ホールディングス株式会社社屋

吉森社長:私の要望は、役員の保険など会社として考える保険はあるかということでした。でも井上さんはそれだけではなく、社員のことを考えた保険を提案してくれて本当に嬉しかったです。

井上FA:吉森社長は、社員の幸せを一番に考える経営者というイメージでしたので、そのような提案をさせていただきました。

吉森社長:私は2代目なのです。まだ41歳ですけど、去年の10月に先代の親父が急死してしまい、いきなり2代目として450人規模のグループ会社のトップになってしまったわけですよ。
その時に何を思ったかと言うと、やはり、いい会社にしていかないといけない、ということでした。ではいい会社とは、どんな会社かと考えた時に、『従業員ファースト』の会社という結論に達したわけです。

​社員が大勢いるわけで、彼ら、彼女らがうちに入社したのは自身の選択なんですけれど、その選択が正しかったと言ってもらえるような経営をしていかないとダメだと、それには幸福をどう提供できるかというのが、社長としての大きな役割というか、僕の生きるミッションだと感じています。

そこで、幸せとは何かといろいろ考えたときに、僕の解釈としては、「心」と「経済」。この二つの豊かさをどれだけ与えていけるかだと思っています。仕事を通じて社員に心と経済の豊かさをどれだけ提供できるかというのは、すごく大事なことだと思っています。
井上さんは、そういう僕が目指していることに対して、保険以外にも、社員向けに研修や、福利厚生としての価値があるものなど、いろいろと提案してくれるので、本当に助かっています。

井上FA:私は生命保険のプロですので、保険に関して詳しいというのは当たり前です。でもそれだけでは、フィナンシャル アドバイザーではないと思っています。保険以外の提案でも、お客さまに喜んでいただくことが私の仕事だと思っています。
ですから、常にアンテナを張って吉森さんの会社に紹介できるものをウオッチしています。


すべての出会いは、奇跡の出会いにつながる

吉森社長と井上FA吉森社長と井上FA

井上FA:会社のお金の使い方はこれから大きく変わっていくと私は思います。
今まで外に使っていたお金を中に(社員に)使う時代になると、考えています。吉森社長の会社を見ていると、まさにそれを実践している会社だと思いました。

吉森社長:最近よく思うのは、採用の時ですね。
やはり、うちの会社に入りたいと言って志望してくれたのでしょう。もう、そもそもこれが奇跡だと思っています。世の中には株式会社は無数にあり、その中から1社を選ぼうとしているわけですよ。だから僕、出会いって尊いなっていうふうに思っています。うちの会社を選んでくれた。これってすごい確率だし、本当に奇跡のご縁ですよね。だったら、社員を幸せにするのは、会社の責任ですよね。

井上FA:奇跡の出会いですか・・・。私もその気持ちを大切に人と付き合っていきます。

吉森社長:井上さんとの出会いも、奇跡の出会いだと思っていますよ。

井上FA:ありがとうございます。

吉森社長:出会った時は、そんなこと1ミリも思っていなかったですけど・・・。

井上FA:・・・まったく期待されていなかったようですからね。

吉森社長:でも、その後が凄かった。今は奇跡の出会いだと感じていますよ。
今後も、積極的にどんどん提案してくれる存在であって欲しいと思います。こういう手法があります、こういうやり方がありますということをどんどん言ってもらいたいです。そして、うちの会社の発展を心から望んでほしいです。

井上FA:社長ご自身も、充分に情報源をお持ちですが、お互いに付き合っている人脈の種類が違うので私の提案でお役に立てることも多いと思っています。
社員の皆さまのためにも、少しでもフォローできるように、色々と提案させていただきます。


何気ない出会いから始まった関係。
そのままでは「お付き合い」のセールスとクライアント以上の
関係にはならなかったかも知れません。
でも相手を思いやる気持ちが、その関係を超えて、
お互いを必要とする「パートナーとしての関係」になったのです。


社屋前で会話する吉森社長と井上FA社屋前で会話する吉森社長と井上FA

大日ホールディングス株式会社
通信設備工事業の「大日通信工業株式会社」と電子機器製造業の「大日電子株式会社」をグループにもつ持株会社。
(大日通信工業株式会社は1960年創業)
「誠意」「誠実」「謙虚」 をモットーに「千年続く会社」を目指している。吉森社長は社長就任以来、会社の利益よりも従業員の利益を優先する「従業員ファースト」の経営を主軸に据え活動している。

​AXA-A2-1909-0519/A6D


担当したフィナンシャルプランアドバイザー チーフ・エグゼクティブ フィナンシャルプランアドバイザー 井上悟史担当したフィナンシャルプランアドバイザー チーフ・エグゼクティブ フィナンシャルプランアドバイザー 井上悟史

担当したフィナンシャルプラン アドバイザー

​私の信条(クレド)は次の通りです。
①お客さまへ最新の情報をお届けできるよう、常に勉強を続けます。
②お客さまへご提案する前に、まずは自分自身が行動します。
③お客さまから選ばれるアドバイザーとなるために、常に自分自身を磨き続けます。
④お客さまへはもちろんのこと、地域社会への貢献にも尽力します。

これらの事柄は、日々の行動の中で常に意識をしています。生命保険に携わる者として、生命保険に詳しいことは当然であり、その他の様々な知識をいかに充実させるかを考えています。これからも、皆様のお役に立てる事を目指して日々行動していきたいと思います。

チーフ・エグゼクティブ フィナンシャルプラン アドバイザー
井上 悟史


お電話でのお申込みはこちらから

平日9:00〜20:00/土日・祝日 9:00〜18:00
(年末年始の休業日を除く)

専用フォームでのお申込みはこちらから



​関連インタビュー

​コンサルティングのプロが、「あなたらしさ」を大切にしながら、お客さまの「夢」を実現するためのライフプランニングを個別でご提案いたします。実際に体験されたお客さまのインタビュー動画を紹介します。

【Case1】将来を見据えてのプランニング~独身女性編~
【Case2】結婚を機に貯蓄型のプランニング~ご夫婦編~
【Case3】住宅購入・教育資金の見直しプランニング~ご家族編~