アクサの「治療保障」のがん保険
マイ・セラピー

ガン治療保険(無解約払いもどし金型) 上皮内新生物治療給付特約付

入院しない手術・放射線治療・化学療法(抗がん剤治療)や緩和ケアなど、最新のガン治療をしっかり保障するガン保険

最新のガン治療をしっかり保障するガン保険です。
最新のガン治療をしっかり保障するガン保険です。

医療技術の進歩により治療スタイルもさまざま。マイ・セラピーは最新のガン治療に対応。
 

 

一生のうち「がん」と診断される確率(累積がん罹患リスク)
一生のうち「がん」と診断される確率(累積がん罹患リスク)

しかし
医療技術の進歩により、いまや完治の確率も高まっています。
そして、治療スタイルもさまざま。


POINT1
:がんの3大治療をしっかりサポート

「早く退院して、通院で継続治療」という傾向に

ガン治療はかつては手術が中心でしたが、いまは個々の患者に合わせた「個別化医療」の時代になりました。
3大治療の中でも「化学療法(抗がん剤治療)」が 主役になりつつあり、抗がん剤も新薬が増え、多様化しています。
そんな中でも、がんを小さくしたり再発や転移を予防する目的で行われる化学療法(抗がん剤治療)は、近年、通院(外来)しながら継続治療を行うことが多くなってきています。
 

退院患者の平均入院日数(悪性新生物<がん>)。通院(外来)による化学療法の実施件数(診療報酬における外来化学療法加算の算定回数)
退院患者の平均入院日数(悪性新生物<がん>)。通院(外来)による化学療法の実施件数(診療報酬における外来化学療法加算の算定回数)

そこで、マイ・セラピーでは
ガンの主な治療方法、
「手術」「放射線治療」「化学療法(抗がん剤治療)」入院しなくても保障!

手術後に合併症を発症する可能性が高い
特定のガン手術(食道・胃・小腸・結腸・直腸・肛門の切除術および全摘出術)は上乗せ保障!

POINT 「手術」「放射線治療」は上皮内ガンも保障します。
POINT 「手術」「放射線治療」は上皮内ガンも保障します。


POINT2
:がんに伴う痛みの緩和ケア(緩和療養)もサポート

痛みを取り除きながら治療することが重視される傾向に

ガン治療における「緩和ケア」とは、がんに伴う痛みを疼痛緩和薬などで和らげることです。
近年では、「がん治療」と「緩和ケア」を治療の初期から並行して行い、身体的・精神的痛みを取り除きながら治療していく考え方が重視されています。
 

治療の初期の段階から緩和ケアを実施
治療の初期の段階から緩和ケアを実施

出典:厚生労働省「がん対策推進基本計画の概要(平成19年)」
記載内容は、上記資料をもとにアクサ生命にて作成

そこで、マイ・セラピーでは
がんに伴う痛みなどの緩和を目的とした「緩和ケア(緩和療養)」も保障!

POINT ガン伴う痛みなどの緩和を目的とした緩和ケア(緩和療養)を入院または通院により受けた場合に、給付金をお支払いします。
POINT ガン伴う痛みなどの緩和を目的とした緩和ケア(緩和療養)を入院または通院により受けた場合に、給付金をお支払いします。


POINT3:
保障をさらに充実させる特約など

マイ・セラピーでは、特約も充実!豊富な特約で、保障の幅がひろがります。
 

特約1:
重篤な病気にかかったときの収入の減少リスクに備える。


ガンと診断確定されれば、治療費に加え、仕事を休まざるを得ない状況で収入減少のリスクもあり、
それらに備えることも大切になってきます。

がん患者による収入への影響の有無
がん患者による収入への影響の有無

出典:東京都福祉保健局 2014年「がん患者の就労等に関する実態調査」

 

ガン・上皮内新生物一時金特約

ガンは診断確定だけでなく、2回目以降の入院も保障します!
※上皮内ガンは診断確定のみ。

 

お支払額・お支払限度。お受取りのイメージ(ガン一時金額50万円の場合)
お支払額・お支払限度。お受取りのイメージ(ガン一時金額50万円の場合)

※一時金1回のみ支払特則を付加することで、1回で受け取ることもできます

 

ガン・上皮内新生物一時金特約について
ガン・上皮内新生物一時金特約について

待ち期間とは、ご契約日(責任開始期)以後であっても保障されない期間をいいます。
 

特約2:
先進医療にかかる費用(技術料)は全額自己負担のリスクに備える。


ガン先進医療給付特約(12)

ガンにより先進医療による療養を受けたときに保障


先進医療にかかる技術料と同額
一時金15万円をお支払いします。
一時金は病院が遠方の場合の交通費などに充てられます。

*1回の療養につき1,000万円限度、通算2,000万円限度。

先進医療の例
先進医療の例

ガン先進医療給付特約(12)について

  • 公的助成などにより自己負担額が発生しない場合など、先進医療にかかる技術料が「0」となる場合は、ガン先進医療給付特約(12)からのお支払いはありません。
  • 同一の先進医療において複数回にわたって一連のガン先進医療給付金のお支払事由に該当する療養を受けたときは、それらの一連の療養を1回の療養とみなします。
  • 給付対象となる医療行為や医療機関の範囲には制限があります。
  • 「先進医療」にかかる技術料は取扱保険医療機関によって異なります。

 

安心して先進医療を受けていただくために2つのサービスでお客さまをサポートします。

お支払いの事前査定サービス+医療機関への直接支払いサービス
お支払いの事前査定サービス+医療機関への直接支払いサービス

 

特約3:
がん再発のリスクに備える。


ガン入院給付特約

何日入院しても、何度入院しても、お支払日数無制限で保障!

入院にも備えるとさらに安心!1回の入院は短期化していても、がんは再発のリスクもあります。
 

お支払額・お支払限度
お支払額・お支払限度


主契約に上皮内新生物治療給付特約が付加されている場合の特則について

  • あらかじめ主契約に上皮内新生物治療給付特約が付加されているため、「主契約に上皮内新生物治療給付特約が付加されている場合の特則」が適用されますので、上皮内新生物入院給付金をガン入院給付特約の給付に加えます。
  • ガン入院給付金と上皮内新生物入院給付金のお支払事由が重複して生じた場合には、ガン入院給付金が支払われる期間については、上皮内新生物入院給付金はお支払いしません。
  • 上皮内新生物治療給付特約が消滅したときは、この特則は同時に消滅します。
  • この特則のみの解約はできません。
     
患者申出療養にかかる技術料を保障。


患者申出療養サポート

患者申出療養とは

患者からの希望によって、日本では承認されていない医薬品(保険診療の対象外)などを、公的医療保険が適用される治療と併用できるようにする制度で、2016年4月にスタートしました。これにより「治療の選択肢」が増え、多くの高度な医療が受けられる可能性が高くなります。
 

患者申出療養を申出するのはどんなとき

たとえば

  • 先進医療で実施しているのに、実施できる患者の年齢から外れてしまった…
  • 患者申出療養として実施されているけど、自分の身近な医療機関ではやっていない…
     

患者申出療養と先進医療とのちがい

患者申出療養 患者から使用したと申し出る医療。先進医療 国が定める医療
患者申出療養 患者から使用したと申し出る医療。先進医療 国が定める医療
つまり・・・公的医療保険適用の保険診療。先進医療。患者申出療養(この部分をカバー)
つまり・・・公的医療保険適用の保険診療。先進医療。患者申出療養(この部分をカバー)


患者申出療養サポートは、患者申出療養にかかる技術料を保障します。

【主契約】患者申出療養給付保険(無解約払戻金型) 保険期間・保険料払込期間:5年 保険料払込方法:口座振替月払

このようなときにお支払いします・・・患者申出療養として実施された療養を受けたとき。お支払金・・・患者申出療養給付金。お支払額・・・1回の療養につき患者申出療養にかかる技術料と同額 1回の療養につき1,000万円限度、通算2,000万円限度
このようなときにお支払いします・・・患者申出療養として実施された療養を受けたとき。お支払金・・・患者申出療養給付金。お支払額・・・1回の療養につき患者申出療養にかかる技術料と同額 1回の療養につき1,000万円限度、通算2,000万円限度

 

phone 電話で相談
0120-977-990
play_arrow
phone 電話で相談 0120-977-990

あなたに最適なカスタマイズを専門スタッフがお手伝い

agent_man 専門スタッフに相談(無料) play_arrow

※無理にご契約をお勧めすることは致しません。

保険金・給付金等のお支払いには所定の要件(対象となる不慮の事故、疾病・手術等、免責事由、支払限度など)があります。上記は商品の概要を記載したものです。ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報・その他重要なお知らせ)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
 

POINT4:がん予防から治療まで安心のサポートサービス

がん治療全般の相談ダイヤルなど安心して治療・ご相談いただける付帯サービスです

がん治療全般の相談ダイヤル、女性専用ダイヤル、セカンドオピニオンサービスなど、さまざまなサービスをご用意しています。
 

がんの治療から治療後の社会復帰をサポート
がんの治療から治療後の社会復帰をサポート

<利用できる方>
契約日が2019年4月2日以降の「ガン治療保険(無解約払いもどし金型)」の被保険者。
※各サービスはサービス提供会社が提供します。アクサ生命が提供する保険商品の一部を構成するものではありません。
 

 

アクサ生命はここが違う!

違いその1  安心・・・世界最大級の保険・資産運用グループAXA。違いその2 自身・・・経験豊富な専門スタッフ。違いその3 便利・・・契約者向けサービス「My アクサ」でいつでも契約内容の確認等が可能
違いその1  安心・・・世界最大級の保険・資産運用グループAXA。違いその2 自身・・・経験豊富な専門スタッフ。違いその3 便利・・・契約者向けサービス「My アクサ」でいつでも契約内容の確認等が可能
phone 電話で相談
0120-977-990
play_arrow
phone 電話で相談 0120-977-990

あなたに最適なカスタマイズを専門スタッフがお手伝い

agent_man 専門スタッフに相談(無料) play_arrow

※無理にご契約をお勧めすることは致しません。

お客さまの性別と年齢を選択してください。

性別


<ご契約例>
シンプルプラン:
保険期間:10年
【基本保障】
主契約:ガン治療保険(無解約払いもどし金型) 基本給付金額10万円
特約:上皮内新生物治療給付特約 特約基本給付金額10万円(主契約の基本給付金額と同額)※この特約はあらかじめ主契約に付加されます。
【特約】ガン・上皮内新生物一時金特約 ガン一時金額50万円

ガン総合保障プラン:
保険期間:10年
【基本保障】
主契約:ガン治療保険(無解約払いもどし金型) 基本給付金額10万円
特約:上皮内新生物治療給付特約 特約基本給付金額10万円(主契約の基本給付金額と同額)※この特約はあらかじめ主契約に付加されます。
【特約】ガン先進医療給付特約(12)付加/ガン入院給付特約 ガン入院給付金日額10,000円/ガン・上皮内新生物一時金特約 ガン一時金額50万円

※ガン・上皮内新生物一時金特約のガン一時金額は50万円以外に、100万円のプランもございます。
 ガン一時金額100万円のプランの保険料については、お気軽にお問合せください。

 
シンプルプラン
一時金あり(50万円)
ガン総合保障プラン
一時金あり(50万円)
月々の保険料
ーー
ーー

手術

ガンにより手術を受けたとき
1回につき
20万円
+ガンにより特定の手術(食道・胃・小腸・結腸・肛門の切除および全摘出術)の手術を受けたとき
1回につき
※ファイバースコープまたは血管・バスケットカテーテルによる手術は除きます。
20万円
上皮内ガンにより手術を受けたとき
1回につき
20万円

放射線治療

ガンにより放射線治療を受けたとき
1回につき
20万円
上皮内ガンにより放射線治療を受けたとき
1回につき
20万円

化学療法
(抗がん剤治療)

ガンにより化学療法(抗がん剤治療)を受けたとき
1回につき
10万円

緩和ケア
(緩和療養)

ガンによる疼痛などの緩和のために緩和ケアを受けたとき
1回につき
10万円

先進医療

ガンにより先進医療による療養を受けたとき
1回の療養につき
先進医療にかかる技術料と同額
ガン先進医療給付金の支払われる療養を受けたとき
1回の療養につき
15万円

入院

ガンにより入院したとき
1日につき
10,000円
上皮内ガンにより入院したとき
1日につき
10,000円

一時金

初回:ガンと診断確定されたとき
2回目以降:ガンにより入院したとき
1回につき
※90日間の待ち期間(ご契約日(責任開始期)以後であっても保障されない期間)があります。
50万円
上皮内ガンと診断確定されたとき
1回につき
※90日間の待ち期間(ご契約日(責任開始期)以後であっても保障されない期間)があります。
5万円

※お取扱いできない場合、保険料は「--円」と表示されます。(通信販売でご契約いただける年齢は20歳~80歳です)

上記以外にも豊富なオプションをご用意しています。
お客さまに合ったプランを設計いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

phone 電話で相談
0120-977-990
play_arrow
phone 電話で相談 0120-977-990

平日9:00〜20:00/ 土日・祝日9:00〜18:00
(年末年始の休業日を除く)

あなたに最適なカスタマイズを専門スタッフがお手伝い

※無理にご契約をお勧めすることは致しません。

  • 給付金などのお支払いにはアクサ生命所定の条件があります。詳しくは「重要事項説明書」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
    一時金などのお支払いには所定の要件(対象となる不慮の事故、疾病・手術等、免責事由、支払限度など)があります。
    上記は商品の概要を記載したものです。ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報・その他重要なお知らせ)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
  • 契約年齢とは、ご契約日における被保険者の年齢のことをいいます。
  • 上記の保険料のうち、上皮内新生物治療給付特約の保険料は全年齢男女一律10円です。
  • 更新後の保険料は、更新日の年齢および保険料率により新たに計算します。(例:30歳男性が上記のシンプルプラン一時金なし(保険料1,190円)でご契約された場合、40歳で更新される際の更新後の保険料は1,810円となります。なお、この更新後の保険料は2019年4月現在の保険料率で計算しております。)
     

よくあるご質問

過去にガンにかかったことがあります。契約できますか?

A

申し訳ございませんが、ご契約はお引受けできません。

告知前または責任開始期(保障が始まる日)前にガンと診断確定されていた場合は、ご契約はお引受けできません。
 

ガンになっても契約は更新できますか?

A

はい、できます。

責任開始期(保障が始まる日)以後にガンと診断確定された場合であれば、ご契約は更新できます。
 

どんな手術を受けたら、給付金を受け取れますか?

OK

ガンまたは上皮内ガンの治療を目的とした手術を受けた場合に、お支払いします。

(例)「胃ガン」のため、胃を一部切除する手術(胃亜全摘出術)を受けた場合

  • ガンまたは上皮内ガンの治療を目的として、公的医療保険制度にもとづく医科診療報酬点数表によって手術料の算定対象として列挙されている手術を受けた場合にお支払いします。
  • 白血病などの治療として行われる造血幹細胞移植を受けた場合もお支払いの対象となります。

※お支払いの対象となるガンおよび上皮内ガンについては、約款別表をご覧ください。

「ガン」と「上皮内ガン」について
「ガン」は医学用語で「悪性新生物(腫瘍)」といわれます。「胃ガン」「乳ガン」など「ガン」と名のつくものから「白血病」なども含まれます。「上皮内ガン」は医学用語で「上皮内新生物」といわれます。いわゆる初期段階のガンで、腫瘍が上皮組織内に留まっているため、ガンのように周りに広がったり(浸潤)転移がないことが特徴です。

 

NG

ガンまたは上皮内ガンの治療を目的としていない手術の場合は、お支払いできません。

(例)「大腸ポリープ(良性腫瘍)」のため、ポリープ(腫瘍)を内視鏡によって切除する手術(内視鏡的大腸ポリープ切除術)を受けた場合

[お支払いできない治療の例]

  • 『扁桃炎』に対する扁桃摘出術、『良性腫瘍』(「子宮筋腫」「良性の卵巣腫瘍」など)に対する腫瘍摘出術など
  • 以下の手術は、ガンおよび上皮内ガンの治療を目的とした手術でも、お支払対象となりません。
    創傷処理/皮膚切開術/デブリードマン/骨、軟骨または関節の非観血的または徒手的な整復術、整復固定術および授動術/外耳道異物除去術/鼻内異物摘出術/抜歯手術
     
どんな化学療法(抗がん剤治療)を受けたら、給付金を受け取れますか?

OK

ガンの治療を目的として、公的医療保険が適用される化学療法(抗がん剤治療)を入院または通院により受けた場合に、お支払いします。

(例)「胃ガン」の治療のため、厚生労働大臣により承認された抗がん剤により、公的医療保険が適用される治療を受けた場合

一部のホルモン療法(ガン細胞を殺すのではなく、ガンの発育を阻止してコントロールする治療法)も、化学療法給付金のお支払いの対象となります。
※お支払いの対象となる抗がん剤については、約款別表をご確認ください。
 

NG

厚生労働大臣の承認を受けていない抗がん剤(国内未承認薬)による治療を受けた場合などは、お支払いできません。

[お支払いできない治療の例]

  • 「肺ガン」の治療に対して効能が認められている抗がん剤を、「胃ガン」の治療に対して使用した場合
  • 他の治療との併用により自費診療(公的医療保険の適用外)となる場合
  • 日本国外の医療機関での治療のため公的医療保険が適用されない場合
     
どんな緩和ケアを受けたら、給付金を受け取れますか?

OK

ガンによる疼痛などの緩和を目的とした緩和ケアを入院または通院により受けた場合に、お支払いします。

(例)

  • 「胃ガン」によるガン性疼痛の緩和のため、厚生労働大臣により承認された医薬品のうちの「疼痛緩和薬」の投与を、公的医療保険が適用される通院により受けた場合
  • 「胃ガン」によるガン性疼痛の症状緩和を目的として、緩和ケア病棟に入院し、公的医療保険によって緩和ケア病棟入院料が算定された場合

※入院は、公的医療保険制度によって、実際に緩和ケア病棟入院料、緩和ケア診療加算または有床診療所緩和ケア診療加算が算定された場合、お支払いの対象となります。
※通院は、公的医療保険が適用される所定の疼痛緩和薬の投与を受けた場合に限ります。
※お支払いの対象となる疼痛緩和薬については、約款別表をご確認ください。
 

NG

手術後の疼痛緩和目的での疼痛緩和薬の投与など、「ガン性疼痛緩和」を目的としていない場合はお支払いできません。

(例)「胃ガン」によるガン性疼痛の緩和のため、厚生労働大臣により承認された医薬品のうちの「疼痛緩和薬」の投与を受けたが、自費診療の取扱いとなり、公的医療保険が適用されなかった場合

[お支払いできない緩和ケアの例]

  • 一般病棟での入院であり、公的医療保険制度による緩和ケア病棟入院料または緩和ケア診療加算が算定されない場合
  • 手術後の疼痛緩和目的での疼痛緩和薬の投与など、「ガン性疼痛緩和」を目的としていない場合
  • 他の治療との併用により自費診療(公的医療保険の適用外)となる場合
  • 日本国外の医療機関での入院のため公的医療保険が適用されない場合
     

※給付金などのお支払いにはアクサ生命所定の条件があります。詳しくは「重要事項説明書」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

AXA-A1-1903-0308/A6D

 

保険に関するご相談

お電話でのご相談

保険に詳しいオペレーターがあなたの疑問に丁寧にお答えします。

保険に詳しいオペレーターがあなたの疑問に丁寧にお答えします。

0120-977-990(無料)

平日 9:00~20:00 /土日祝 9:00~18:00

(12月30日~1月4日を除く)

※ご契約者さまは

0120-977-990 (無料)

平日 9:00~20:00 /土日・祝日 9:00~18:00

(12月30日〜1月4日を除く)

※ご契約者さまは 0120-568-093

平日 9:00~18:00 /土 9:00~17:00

(日・祝日、12月30日〜1月4日を除く)

対面でのご相談

お客さまの状況や希望を伺い、一人ひとりに最適な保険のご提案をいたします。

お客さまの状況や希望を伺い、一人ひとりに最適な保険のご提案をいたします。無理な勧誘や営業は一切ありません。

専門スタッフに相談 (無料)

保険をご検討の方

0120-977-990(無料)

平日9:00〜20:00/土日・祝日9:00〜18:00(12月30日〜1月4日を除く)

コールバックの予約 →

ご契約者さま

0120-568-093

平日9:00〜18:00/土9:00〜17:00(日・祝日、12月30日〜1月4日を除く)

help_woman