健康経営とは


「健康経営」とは、従業員等の健康増進を経営的な視点で捉え戦略的に実践することです。
企業が経営理念に基づき、従業員等の健康維持増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上へつながることが期待されます。

従業員等の健康増進や、労働衛生等への取組みに係る支出をコストと捉えるのではなく、経営的な投資として前向きにとらえることが重要です。
  • 「健康経営」は特定非営利活動法人 健康経営研究会の登録商標です。

健康経営の実践

健康経営の実践は、「アクサ生命の健康経営アドバイザー」がサポートします。
健康経営は単なる健康づくりではなく経営課題として取組む必要があります。
一方で、取組みは決して難しくありません。
ご案内内容の基本コンセプト
  • お金を掛けなくてもはじめられます。
  • スモールチェンジからはじめましょう。
  • 仕事の動線に取り入れ無理なく実施しましょう。


4STEPで始める健康経営


健康経営の実践をアクサ生命の健康経営アドバイザーがサポート

『健康経営アドバイザー』とは?

「健康経営」を知らない企業(経営者)に対して必要性などを伝え、実施のきっかけをつくる、『健康経営』に取り組もうとする企業に対して必要な情報提供や実践支援を行う専門家です。
  • 「健康経営」を始めるお手伝いをします。
    貴社の健康課題を一緒に考え、これから実行するアクションをご提案します。
  • 「健康経営」に関する情報を提供します。
    貴社に役立つ施策・事例・専門機関などの情報を選んで提供します。
  • 「健康経営」の実践を支援します。
    ご希望の企業には、計画策定や実施のフォローもお手伝いします。
  • 貴社に最適な専門家につなぎます。
    貴社の健康経営の課題を解決するために社会保険労務士、中小企業診断士、保健師などの専門家におつなぎします。
  • 「健康経営アドバイザー」制度は、経済産業省の委託事業で創設された東京商工会議所の資格制度です。

健康経営アドバイザー派遣に関するお申込み・ご照会は、アクサ生命の支社・営業所までご連絡ください。
close
close