事業継続マネジメントシステムに関する国際規格「ISO22301」の認証取得
~国内の生命保険会社として唯一保有~

アクサ生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼CEO:ニック・レーン)は2018年4月、国際標準化機構(International Organization for Standardization、以下「ISO」と呼ぶ)の、事業継続マネジメントシステムに関する国際規格「ISO22301」を再取得しました。

ISOは、国際規格を発行する代表的な組織の一つです。「ISO22301」は、事業継続マネジメントのフレームワークを認証する国際規格であり、本規格の取得後も、定期的に事業継続マネジメントに関する厳格な審査が行われます。

アクサ生命は2015年に、日本の生命保険会社として初めて同認証を取得しました。また2018年4月現在で同認証を保有する国内で唯一の生命保険会社です(※)。今回の認証更新(再取得)は、同認証の取得後初となるもので、当社の事業継続の取り組みや体制が、引き続き国際的にも高いレベルにあることの証左です。

アクサ生命は、東日本大震災を契機として、事業継続の重要性を再認識し、2012年4月に危機管理・事業継続部門を設置しました。以降、いかなる事象が発生した場合においてもお客さまに平時と変わらぬサービスを提供することができる体制を構築してまいりました。また、2014年には、事業拠点の分散と重要業務の移転によって、事業の継続性を飛躍的に強化することを目的として、「札幌本社」を設置しています。今回の再取得は、これらの危機管理・事業継続における一連の取り組みが引き続き評価されたものです。

アクサ生命は今後も、いかなる状況においてもお客さまをお守りするだけでなく、常にお客さまに寄り添い、単に保険金・給付金をお支払いする「支払者(ペイヤー)」から、お客さまの健やかで幸せな人生をお守りする「パートナー」となることを目指します。
  • JIPDEC公開情報による(2018年4月16日現在)

アクサ生命の事業継続体制強化に向けた取り組み

2011年3月
福岡バックアップオフィスの開設を決定(120名の社員を福岡に配置)

2012年4月
危機管理・事業継続部門を新設し、事業継続計画の取り組みを強化

2014年11月
「札幌本社」(ホットサイト)を設立(社員170名を含む約500名を札幌本社に配置)

2015年4月
日本ユネスコ協会と共同で「アクサユネスコ減災教育プログラム」を開始

2015年4月
内閣官房「国土強靭化の民間の取り組み事例」のベストプラクティスに採用

2015年4月
事業継続マネジメントシステム「ISO22301」を取得

2015年6月
ビッグ、イオン北海道と災害時連携協定締結

2016年4月
熊本地震被災地支援

2016年9月
北海道大学インターンシッププログラム開始

2018年4月
事業継続マネジメントシステム「ISO22301」を更新

close
close