生命保険料控除証明書の再発行のお客さま

年末調整や確定申告にご利用いただく控除証明書の再発行は、LINEやチャットボットなどで簡単にお手続きが可能です。

生命保険料控除証明書特設ページに進む
新型コロナウイルス感染症の入院給付金のご請求のお客さま

新型コロナウイルスに感染し、ホテル・自宅療養や入院した場合のご請求は、インターネットでのご請求が簡単で便利です。

新型コロナウイルス感染症請求特設ページに進む
インターネットでのお手続き

「Emma by アクサ」では様々なお手続きやお問合わせが24時間可能です。

  • 各種変更手続き
  • 契約者貸付
  • 各種ご質問
  • 各種請求書類の発送依頼
Emma by アクサに新規登録ログイン

インターネットで解決できない場合は、お電話で承ります。

お電話でのお問合わせ

最初にチャットボット(自動会話プログラム)が起動しますので、お問い合わせのご用件を選択してください。

(ご用件を選択した後にお電話がつながります。)

カスタマーサービスセンターの営業時間外は、インターネットでお手続きできるサービスをご案内します。

閉じる

​Environment

気候変動や生物多様性の課題に向き合い、解決する取り組み


​アクサ生命は、将来の世代によりよいみらいを引き継いでいけるよう、アクサグループの気候変動戦略に沿って、地球環境の課題と向き合い、解決する取り組みを推進しています。



​アクサグループの気候変動に対する取り組み

​アクサグループは、2017年12月に開催された気候変動サミット「One Planet Summit」で石炭関連ビジネスへの投資を大幅に削減するとともに、再生可能エネルギーに投資を振り向ける計画を発表しました。

アクサグループCEOトーマス・ブベルは、2017年の気候変動サミット「One Planet Summit」において、「このまま放置した場合に想定される平均気温が4度も上昇する世界では、保険の提供は不可能になる。世界規模の保険会社や投資家の役割が鍵を握る」と述べています。


​2019年11月、国連の持続可能な保険原則(UN PSI)との連携により開催した「AXA Climate Impact Day (アクサ気候変動インパクト・デイ)」において、新たな気候戦略とターゲットを公表しました。


1.5℃:2050年までにアクサの投資の「地球温暖化係数」を1.5℃以下に抑える

0% 石炭:欧州及びOECDは2030年まで、その他の地域では2040年までに石炭への投資と保険引受を0%にする

1億ユーロ:エネルギー移行を進める企業への融資を目的とした初の「トランジション・ボンド」を創設

240億ユーロ:2023年までのグリーン投資


​2020年12月には、新戦略「Driving Progress 2023(ドライビング・プログレス2023)」の5つの戦略的アクションに「気候変動対策」を組み込みました。

アクサ・ホールディングス・ジャパンにおいても、アクサグループの方針に沿って、デジタルテクノロジーの導入によるペーパーレス化や従業員一人ひとりが地域社会のサステナビリティ向上に取り組む「AXA Week for Good」のイニシアチブとして環境を守るボランティアアクションなどに取り組んでいます。


  • 気候変動対策における主導的ポジションを確立

  • 2025年までにアクサの一般勘定資産における投資先の二酸化炭素排出量を20%削減
     

  • 資産運用分野における取り組み

  • グリーン投資の促進

  • ​グリーンボンドへの投資

  • インパクトファンドの組成と投資

  • ​気候変動や生物多様性、教育や貧困をテーマ

  • ​環境や社会に良い影響を与える投資先をラベル化

  • ネガティブスクリーニング

  • ​ダイベストメント:2017年12月、CEOトーマス・ブベルは気候変動サミット「One Planet Summit」で講演し、石炭産業やたばこ産業からのダイベストメントを発表

  • ​グループの投資方針に沿って対応

  • ESGインテグレーション

  • ​ESG評価を投資に組み込むポートフォリオマネジメント

  • ​ESGスコアリングを導入


​アクサは、ネットゼロ・アセットオーナー・アライアンスに参画し、ネットゼロ・インシュランス・アライアンスの設立をリード

  • ​ネットゼロ・アセットオーナー・アライアンスは、気温上昇を 1.5℃未満に抑えるパリ協定の目標達成を目指して、2050 年までの運用ポートフォリオのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)にコミットするアセットオーナーのイニシアチブです。 2019年、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP-FI)と国連責任投資原則(PRI)の主導により設立され、世界的な保険会社や年金基金等を含む33 機関が加盟しており、加盟機関合計の運用資産総額は5兆ドル(約 525 兆円)を超えています(2021 年1月時点)。

  • ​2020年12月6日、国連の招集により、アクサは「ネットゼロ・インシュランス・アライアンス(NZIA)」設立を呼びかけました。NZIAはアクサのほか、世界の大手保険・再保険会社7社が参画し、アクサのチーフリスクオフィサーが議長を務めます。2021年11月にグラスゴーで開催されるCOP26を前に、保険ビジネスに「気候中立」(クライメート・ニュートラリティ)を拡大するという目標を掲げ、活動を開始します。国連気候変動枠組条約事務局が推進する「ゼロへのレース」Race to Zero campaign ↗をサポートするとともに、気候中立を推進するイニシアチブである「グラスゴー・ファイナンシャル・アライアンス・フォー・ネットゼロ (GFANZ)」にも参画することを誓約しています。アクサのCEOトーマス・ブベルはGFANZにおいて基調講演を行いました。


​Climate Schoolのローンチ(2021年)

  • ​アクサグループは、従業員一人ひとりが、デジタル化によるペーパーレスやクラウド化の推進などを通じた気候変動の改善アクションを起こすとともに、気候変動の事実を正確に把握し、各ステークホルダーへの働きかけが行えるよう、学びの機会を設けます。

  • ​地域社会の気候変動対策に取り組む全てのステークホルダーに対して、気候変動に対する理解と行動変容を促すためのツールを提供します。


​ニュースリリース・報道

2021年6月29日 アクサグループが2021 Climate Report(英語版)↗ を公表

 

2021年4月21日 ネットゼロ・インシュランス・アライアンス(英語版)↗ をローンチ

日本語版PDF ↗

 

2020年12月1日 アクサグループがDriving Progress 2023を公表

英語版PDF ↗
日本語版PDF ↗

 

2019年11月27日 AXA Climate Impact Dayにおいて新たな気候戦略を公表

英語版PDF ↗
日本語版PDF ↗


保険をご検討の方

0120-977-990

無料

平日9:00〜18:00/土9:00〜17:00
(日・祝日、年末年始の休業日を除く)

コールバックの予約

ご契約者さま

ご契約者さまページ