これからのライフイベントに向けて

介護


介護に備えるために

​介護は他人ごとではありません。
要介護者は年々増え、国民病と言われるほど多い生活習慣病の患者数より多くなっています。要介護状態になった場合の経済的負担がどのくらいになるのかも気になりますね。
どのような備えをしておけば安心でしょうか…?

要介護(要支援)認定者数の推移

要介護(要支援)認定者数の推移要介護(要支援)認定者数の推移
  • ​出典:厚生労働省「平成30年度 介護保険事業状況報告(年報)」


施設介護の場合(例)10年間で約2,836万円
在宅介護の場合(例)10年間で約711万円施設介護の場合(例)10年間で約2,836万円
在宅介護の場合(例)10年間で約711万円
  • ​介護期間が10年間継続した前提での目安の金額です。すべての方に一律にあてはまるものではありません。

  • ​出典:2019年7月現在の消費税をもとに、BCC株式会社 スマイル・プラスカンパニーがモデル作成および試算


​アクサ生命はライフプランニングを通じて、夢の実現に向けて「本当に必要なことは何か」を一緒に考えてまいります。

​​※無理にご契約をお勧めすることはありません。


​おすすめ動画

人生100年時代 知ってほしい これからの日本に起きること

​「人生100年時代」という言葉をよく聞くようになりましたが、実際にこれからの日本で起こるであろうことをご存知ですか?

実は楽観してもいられない、日本の未来。どんどん変化していく社会を生き抜くためにも、まずはこれから起こることを見てみましょう。


​おすすめコンテンツ

来るべき死を見つめ、今を生きる。それがスマート・エイジングの考え方 川島教授×村田教授対談

​織田信長が好んだといわれる舞の一節、「人間50年」。その時代から数百年が経過した現在、人間の寿命は当時の2倍近くになりました。ただ一方で、肝心の人生の“中身”は、本当に2倍も充実したものになっているでしょうか。

現在における幸せな生き方のカギを握るのが、「脳」と「体」の健康です。これを実現し、人生100年を豊かに生きる秘訣について、東北大学の川島隆太教授と村田裕之特任教授に聞きました。


孤独の解消は、人生100年時代のカギ?豊かな人生を育む他者とのつながり

​人生100年時代を、心身ともに豊かに生きていくために――。孤独にまつわるさまざまなデータを紐解きながら、時代を先取りする新たな取り組みをご紹介します。


アクサ生命のライフプランニングアクサ生命のライフプランニング

アクサ生命のライフプランニング

​人生100年時代を迎えようとしている今、「夢」を叶え、あなたらしい人生を歩んでいくためにも、ライフプランニングが重要になってきています。アクサ生命は夢の実現に向けて、「本当に必要なことは何か」を一緒に考えてまいります。

  • ​変化するライフプランも一生涯サポート

  • ​経験豊富なスタッフが夢の実現をお手伝い

  • ​独自のライフプランシステムで最適なご提案


​これからのライフイベントに向けて

​AXA-A1-2101-0098/9WE