○○で自動車保険料が安くなる?アメリカのちょっと変わった自動車保険事情

#お金 #保険

保険料改定や新商品発売など、保険業界は非常に早いサイクルで変化し続けています。自動車保険においても、最近ではIoTやAIの技術発展が進み、急ブレーキ・急発進の回数が少ないドライバーの保険料が割安になる「テレマティクス保険」の開発なども進んでいます。こうした技術進歩によって、個々人の保険料を決定づける条件も、ますます複雑高度化していくことが予想されますが、今回は、アメリカの自動車保険のちょっと変わった保険料算出方法をご紹介したいと思います。

カリフォルニアで自動車保険の保険料を左右する条件とは?

Q:自動車保険の保険料は、年齢などのさまざまな条件によって変動しますが、アメリカ合衆国カリフォルニア州では、あるデータが保険料に関係します。そのデータとは?

 1.お酒の強さ

 2.学校の成績

 3.家族の事故履歴

答えはこちら
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
A:2.学校の成績

 【解説】
日本では運転免許証の種類がゴールドの場合や、年間の走行距離が少ない場合には、自動車保険の保険料が割引されます。こうした割引サービスがあるのはアメリカも同じで、契約者によって自動車保険の保険料が変動します。

アメリカの多くの州では16歳になるとクルマの運転免許を取得できるため、高校生でもクルマを運転して学校や習い事に出かけます。日本ではちょっと考えにくいことですが、国土が広いアメリカでは公共交通機関がないエリアも多く、クルマがとても重要な移動手段になっているため、高校生でも積極的に自動車免許を取得して、クルマを普通に運転しています。

こうした理由で学生がクルマを運転する機会が多いアメリカでは、学生が自動車保険に加入するとき、学校の成績によって保険料をディスカウントしています。これは、成績の良い学生は交通事故を起こす確率が低いという統計を元にしているそうです。

補償内容もさまざま!アメリカの自動車保険の中身は?

カリフォルニア州では自動車保険への加入が義務付けられているため、クルマを購入したらすぐに保険に入らなければなりません。その時に加入するのが、日本の対人賠償保険や対物賠償保険にあたる「損害賠償責任保険(Liability)」で、人身事故や物損事故で契約者に損害賠償責任が生じたときに、保険会社が賠償金を支払ってくれます。

「損害賠償責任保険(Liability)」の補償額は、対人や対物のそれぞれに最低限加入しなければならない限度額が決まっていて、補償額に応じて保険料が変わります。また、クルマの運転中に警察官に止められたときや車両登録のときには、自動車保険の保険証書の提示が求められ、保険に加入していなければ罰金の対象になります。

ただし、「損害賠償責任保険(Liability)」は自分に賠償責任が生じた場合に備える自動車保険なので、自分の治療費やクルマの修理代は補償されません。そこで、自分や同乗者を守るため、以下のようなさまざまな補償が用意されています。

■搭乗者保険 (Medical)
運転手や同乗者が事故でケガなどをした場合に、医療費などを限度額内で補償してくれます。

■無保険者保険 (Uninsured Motorist)
相手側に賠償責任がある事故なのに、相手が自動車保険に未加入で支払い能力がない場合に、契約者の治療費やクルマの損害を補償してくれます。

■車両保険 (Collision & Comprehensive)
事故や盗難、火災、いたずらなどでクルマに損害が生じた場合、その損害を補償してくれます。保険料はクルマの年式や車種、グレードなどによって細かく設定されています。

そのほかにも、事故でクルマを修理する際に必要なレンタカー費用を補償するサービスや、事故で走行不能になったクルマのけん引費用を補償するサービスなども用意されています。

契約者の希望に応じてサービスをいろいろ選べるのは、日本の自動車保険と同じですね。

アメリカでは無保険車との事故のリスクも

日本には車検制度があり、自賠責保険に加入しないと車検に通りません。また、自賠責保険を解約するときにはクルマを廃車にしたことを証明する書類が必要になるなど、自賠責保険に未加入のクルマが公道を走れないようにする仕組みが整っています。

一方、アメリカにも車検制度がありますが、クルマの状態を調べるための検査が主で、簡単なチェックだけで終わってしまう州もあります。また、日本のように税金や保険の加入をチェックする制度になっていないため、本来義務付けられている「損害賠償責任保険(Liability)」への加入が厳しくチェックされていません。こうした車検制度の違いもあり、カリフォルニア州でも、保険に入っていない人の割合は年々減ってきてはいるものの、2015年時点でも7人に1人は無保険と言われています。

そのため、無保険自動車との事故に備える「無保険者保険(Uninsured Motorist)」は、リスクを回避するうえで重要な役割を担っています。

アメリカでも日本でも、専門家に相談しながら補償内容を決めることが重要

州によってさまざまな制度があるアメリカでは、法律だけでなく自動車保険の割引制度も住んでいる地域によって違います。そのため、自動車保険選びでは保険会社のコンサルティングを利用して、最適なプランを提案してもらうことが重要なポイントになっています。

日本でも、保険会社のコンサルティングを利用することで、たくさんの自動車保険の中からお客様にあわせた補償を効率的に準備することができます。

■人身傷害保険
ご家族の歩行中の交通事故もカバーできる、充実したプランが用意されています。

■個人賠償責任保険
特約として加入すれば、自転車運転中の事故で加害者になった場合の賠償責任をカバーできます。

数ある自動車保険のプランの中から、自分のカーライフに合った最適な補償を選択するのはなかなか難しいことでしょう。先に挙げた「テレマティクス保険」の登場などにより、自動車保険業界が大きな変化を迎えつつある今、本当に自分にとって必要な補償はなにか、この機会に一度見直してみてはいかがでしょうか。

人生100年にそなえる資産形成

人生100年にそなえる資産形成

これからの資産形成の重要性、投資の基本情報、そして変額保険のことなどを動画でわかりやすくご紹介します。

アクサ生命保険 公式サイト

アクサ生命保険 公式サイト

アクサ生命の商品・サービスについてはこちらの公式サイトからご覧ください。